Text Size : A A A
Img_e03bac73d9b25d06f17738b84e5cfda3

平野啓一郎さんの「分人主義」

6年前にこちらの「空白を満たしなさい」を購入してはいたのだけど、ずっと読めなくて体力的に本が読めるようになってから1、2年後にやっと読んで随分と精神的に助けられた本。



平野さんが言う分人というのはざくっと説明すると…

(例)私の場合

仕事での私

家族の前での私

友達Aの前での私

友達Bの前での私

友達AとBの前での私

異性の前での私

後輩の前での私

目上の人の前での私

子供の前での私

知らない人ばかりの中での私

大勢の中での私

1人っきりの時の私

いろんな私がいるけど全部私であるということ。私自身はそれに気づいていたり、気づいていなかったりするかもしれないけど、たくさんいるということだ。全ての人の前でおんなじ人なんていない。


だから人というのは相手をすべて理解しようとするのは不可能だということ。だからこそ、自分の前にいるあなたの声だけを信じたらいいんだなと気づかされたのだ。自分以外の人と対話しているあなたはまた別の人なのだと割り切ることが出来たならとっても楽になるし、相手を尊重することができる。


だから相手の悲しみを本当の意味で気づいてあげることは不可能に近いんだと思う。1人っきりの時の自分の悲しみや苦しみなんて他の人にわかるわけがないもの。(もちろん理解しよう、されようと努力することはここでは大前提での話です。)


なので、私の場合は旦那さんは亡くなってしまって(人って亡くなると自分の知らなかったことがたくさんいろいろと出てくるのだよ)それで悲しくて悔しくて大いに苦しんだのだけど、その時にこの分人主義に随分と助けられたのだ。


そうだよね。旦那さんのこと全部知らなくても当たり前だし、私は私の目の前にいた旦那さんだけ信じてたらいいんだなと思ったのだ。だって彼は私の前ではそういう姿でいたのだから。


それからは私はある人について他の人を介して聞くことはいい意味で受け流すようになった。目の前にいる人が直接自分の前で言うことだけ信じようと思った。又聞きしてしまうと、第3者を介しての違う面が出てくるのだから、意味がないのだよ。だから、そういう場合は直接3人で会うといいのだ。


そしたらまた違う分人が出てくるのだよね。人って面白いね。人って面倒くさいね。でも愛おしい。


だから苦手な人がいるとしても、私の目の前ではこの人イマイチだけど(笑)、他の人の前では違うのかもしれないって思えるようにもなった。逆も然り。私自身もすべての人には愛されまい、理解されまい。


ちなみに私はこちらの本をこの時1回読んで以来読み返してはいません。ディテールは忘れている部分はあるかもしれませんが、それくらい衝撃でした。暗闇に光が射し、めちゃくちゃ泣き通しました。後にも先にも本を読んでそんな経験はありません。でも未だ私を支えてくれています。みなさんも機会があったら読んでみてください。


この文面での分人Tより。


Img_f21994d771d79f3b33c268a66bcfe7d8
《手と息あっという間の3周年》
手と息はおかげさまでこの9月で3周年を迎えます。フリーになってからは3年ですが、その前から受けてくださっている方とは5年くらいになるでしょうか。今も変わらず毎月のように顔を合わせることが出来ている幸せを噛み締めております。

手と息3周年ということで
〈ヨガレッスン〉
トライアルレッスン通常1回¥1,500のところを9月に限り¥1,000といたします。ぜひご利用ください。

〈エサレンセッション〉
9月中にエサレンセッションを受けてくださる方には各コース+気を整えるポラリティワークの施術を含め30分延長させていただいております。(手と息エサレン®︎ボディワークは現在完全紹介制となっております。リピーターの方、手と息エサレン、手と息ヨガを受けられたことのある方、その方のご紹介を受けられた方のみ。新規の方、面識のない方は受付しておりませんが、何度かやりとりをさせていただいてお受けする場合はございます。お問い合わせください。)

会員さまには心ばかりのプレゼントを用意しております。お楽しみに〜。



ちょっと立ち止まったり、時間をかけてみたり、はたまた何も考えずに気持ちのおもむくままに動いてみたり。ヨガをするようにカラダとココロの声を聞きながら生きていこうとしている中で、自分のなかで少しずつ変化していっているものがあります。


「広く浅く」から、「より深く濃いところに」

今私がやらせていただいていることの中でも、まだまだやれること、改善すべきところ、強化していきたいところ、お伝え出来ていないところがたくさんあります。あと一歩、二歩進んだところまでご案内したい、みなさんの生活とヨガの関係をより濃く絡めていければとの思いが強くなってきました。

当分は活動を広めていくことよりも、今あるものの精度を高めていくことに自らのエネルギーを使っていきたいと思います。



これに伴いfacebookの投稿は8/31をもちまして終了させていただきます。いつもfacebookでチェックしてくださっていた方にはご不便をおかけいたします。

Instagramは継続していきますので引き続きよろしくお願いいたします。

4年目もヨガでエサレン®︎ボディワークでみなさんにお会いできるのを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

2018年8月
手と息
ながさわともみ
Img_58873890166b6afdb741cac6d320f475
第2回「手と息ヨガ✖️水玉食堂さんの養生ごはんとおはなし」
を開催します。

時間 10月7日(日)10:00-14:00
場所 レンタルスペース104(砂津より徒歩5分)
代金 ¥4000
内容 ①この日に合わせた特別ヨガレッスン
②水玉食堂さんの養生ごはんお弁当
③いしかわさんのおはなし
定員 10名
(少し時間も長いですので、お子さまは預けて来られてください)
予約
①手と息 tetoiki@gmail.comまで
(プロフィール下のメールボタンからでも)
②水玉食堂さん info@mizutamasyokudo.jpまで(水玉食堂Facebookメッセンジャー0939679559にお電話でも)

今回のテーマは
「冬に向けてのこつこつカラダつくり」
寒い冬に向けて秋からでも出来ることをヨガや食事を通して皆さんとひとつひとつ勉強していきましょう。
水玉食堂さんからはこの日の特別養生ごはんのお弁当をみなさんでいただき、肺腎を補い、カラダを潤し、あたためる食事法などを。日々取り入れやすいレシピの紹介もしてくださるようですよ。
手と息ヨガはこの日は肺を広げ、腎に落とし込む呼吸法にフォーカスしながら、上半身を柔らかく、下半身どっしりを心がけたヨガクラスをやっていきます。
冬に向けてこつこつやっていきましょう〜。

前回受けられた方も、受けていない方もぜひぜひ。心よりお待ちしております。
Img_0d2e1fe37f56782bbfedc23822167b2a
天災、人命、政治について、日本について、自分が出来ること、自分が出来ないことについてここ数日たくさんたくさんいろいろ考える。

おっきな問題に悲しみや怒りがこみ上げてくる。自分の無力さに落胆してしまう。こんな感情は無意味だともわかっていてもやはり一旦堕ちる。まずはやるべきことをやる。出来ることからやる。わからないならもっと調べる。それはわかっているのだけど。

その気持ちの大きさに空回りして潰れてしまう人をたくさん見てきた。現実的にどうすればいいのかを学ぶ機会がいる。あるいは話し合いをする場所が。それは家族、親戚の中でもいい。近所のコミュニティ、何かのサークル、友人の中でもいい。なかなか語る機会のない自分たちが何を大切にしていくかについてのこと。

昨日はレッスン後ランチを食べながら普段はふざけてばかりの友人とひたすらこれらのことについて話していた。彼女も普段見せない顔でいろんなことについて怒っていた。話してみないとわからなかったこと。

そして私たちはいろんなことに無知過ぎるから少しずつ真実を知ろうとしていかなければならない。私のモットーは楽しいことをする。楽しくないことはなるべくしないなのだけど、これは苦楽でも何でもなく、特別なことでもなくて、もっとフランクにこれらについて意見が言い合えるといいなと思う。
Img_ada97d455077f89d9913cd5e47c4fc7c
先日エサレンを受けてくださった方から素敵な言葉をいただきましたので紹介します。



エサレンマッサージは初でしたが、とてもよいタイミングで受けれた気がします。

一昨日は、満月。
今日は、夏越しです。
色んなものを、クリアにメンテナンスできたようです。

はじめに、背中に当てられた手はまるでお互いのエネルギーが握手するみたいで、それからそのエネルギーが合流してゆく感じがしました。

あれ、すごく大事なところだったんだと後で気づきました!

ゆらぎが心地よく。
穏やかで優しい波、星の瞬き、小川のせせらぎのようでした。寝落ちした。

マッサージを受けた後の心と身体の様子を余韻を楽しみたいと思います。

ともさんの仕事は素敵だなとおもいました!

同じ方向に、寄り添うマッサージですね。ありがとうございました!





感性豊かな方からの素敵な言葉。エサレンを感じてくださって嬉しいです。

セッションのすぐ後にも感想を言ってくださっていて、ともさんって山や森のイメージで、最初は土の中のさなぎのような気持ちだったんだけど、それから水、海にいるような気がして、あれ?海なんだ〜?地球なんだ〜って思われたそう。いつかも書いたけど森羅万象。山は水。全ては繋がる。人も立つべきところに帰る。こういう表現は誤解を招きがちなのであまりしないのですが、でもほんとそうなんです。嬉しいな。ありがとうございます!