Text Size : A A A
Img_e03bac73d9b25d06f17738b84e5cfda3

平野啓一郎さんの「分人主義」

6年前にこちらの「空白を満たしなさい」を購入してはいたのだけど、ずっと読めなくて体力的に本が読めるようになってから1、2年後にやっと読んで随分と精神的に助けられた本。



平野さんが言う分人というのはざくっと説明すると…

(例)私の場合

仕事での私

家族の前での私

友達Aの前での私

友達Bの前での私

友達AとBの前での私

異性の前での私

後輩の前での私

目上の人の前での私

子供の前での私

知らない人ばかりの中での私

大勢の中での私

1人っきりの時の私

いろんな私がいるけど全部私であるということ。私自身はそれに気づいていたり、気づいていなかったりするかもしれないけど、たくさんいるということだ。全ての人の前でおんなじ人なんていない。


だから人というのは相手をすべて理解しようとするのは不可能だということ。だからこそ、自分の前にいるあなたの声だけを信じたらいいんだなと気づかされたのだ。自分以外の人と対話しているあなたはまた別の人なのだと割り切ることが出来たならとっても楽になるし、相手を尊重することができる。


だから相手の悲しみを本当の意味で気づいてあげることは不可能に近いんだと思う。1人っきりの時の自分の悲しみや苦しみなんて他の人にわかるわけがないもの。(もちろん理解しよう、されようと努力することはここでは大前提での話です。)


なので、私の場合は旦那さんは亡くなってしまって(人って亡くなると自分の知らなかったことがたくさんいろいろと出てくるのだよ)それで悲しくて悔しくて大いに苦しんだのだけど、その時にこの分人主義に随分と助けられたのだ。


そうだよね。旦那さんのこと全部知らなくても当たり前だし、私は私の目の前にいた旦那さんだけ信じてたらいいんだなと思ったのだ。だって彼は私の前ではそういう姿でいたのだから。


それからは私はある人について他の人を介して聞くことはいい意味で受け流すようになった。目の前にいる人が直接自分の前で言うことだけ信じようと思った。又聞きしてしまうと、第3者を介しての違う面が出てくるのだから、意味がないのだよ。だから、そういう場合は直接3人で会うといいのだ。


そしたらまた違う分人が出てくるのだよね。人って面白いね。人って面倒くさいね。でも愛おしい。


だから苦手な人がいるとしても、私の目の前ではこの人イマイチだけど(笑)、他の人の前では違うのかもしれないって思えるようにもなった。逆も然り。私自身もすべての人には愛されまい、理解されまい。


ちなみに私はこちらの本をこの時1回読んで以来読み返してはいません。ディテールは忘れている部分はあるかもしれませんが、それくらい衝撃でした。暗闇に光が射し、めちゃくちゃ泣き通しました。後にも先にも本を読んでそんな経験はありません。でも未だ私を支えてくれています。みなさんも機会があったら読んでみてください。


この文面での分人Tより。